雑記

ノロウイルスの感染経路・原因別の圧倒的な予防対策方法3選!

ノロウイルスは感染力が強く、また、感染経路も豊富です。このウイルスに対抗するには正しい予防方法を身につける他ありません。今日は感染経路別に予防方法を教えします。



スポンサーリンク

圧倒的な予防方法3選!

圧倒的な予防方法ですが、基本的にこの3つしかありません。

・ 手洗い

・ 消毒

・ 嘔吐物の処理

当然すぎるかもしれませんが、順番に説明していきます。まずは感染経路を抑えてどこに気を付けるべきか確認していきましょう。

 

 

感染経路

まずは感染経路から見ていきましょう。といっても以下の4つしか感染経路・ルートはありません。いつの時代も変わりません。

1カキなどをはじめとする二枚貝からの感染

2感染した人の作った食べ物から感染

3感染した人の嘔吐物からの感染

4ウイルスが浮遊して感染

上記の4つが主な感染経路・原因となります。
それぞれについてなぜ感染してしまうのか説明していきますが、まず基本中の基本を押さえます。

ノロウイルスが口から入ることで感染する

ノロウイルスが口から入ることで感染します。すべての基本がここにあります
つまり、口から入らないように気をつければ、感染する可能性を限りなく、0に近づけます。
大事なのでもう一度いいます。
口から入れなければ感染しません。

 

カキなどの二枚貝からの感染

これはもっともポピュラーな感染の仕方です。
カキ祭り等のイベントで腹を下した経験がある人も少なくないため、これは二枚貝に濃縮されているノロウイルスを口から入れることで感染しています。生きたまま腸に届くノロウイルスです。

 

感染した人の作った食べ物で感染

ノロウイルスに感染すると嘔吐物や便・下痢などの排泄物の中に排出されます。「排出されるといってもそんなに多くでないでしょう」と思う人もいるかもしれませんが、感染した人の嘔吐物や排泄物からはたくさんのノロウイルスが排出されます。そのため、嘔吐物の処理をしたり、おしりをトイレットペーパーで拭いたりする時に、手にウイルスがつきます。そのため、しっかり手を洗わずに手にウイルスがたくさんついている状態で、食べ物を作るとそこからノロウイルスが口から入り感染します。保育園や小学校、飲食店などでノロウイルス食中毒が発生するのは、二枚貝からの感染か、感染したい人の作った食べ物で感染のどちらかです。

 

感染した人の嘔吐物から感染

先ほども触れたとおり、感染した人の嘔吐物や下痢などには多くのノロウイルスが排出されています。
その嘔吐物や下痢などを処理した人の手にウイルスがつきます。その手でドアノブや蛇口などをふれると、ノロウイルスがドアノブや蛇口につきます。そこから別の人がウイルスの付いたドアノブや蛇口に触れ、料理をしたり、その手でご飯を食べたりすると口からウイルスが入り感染します。
あとで紹介する予防方法を徹底すれば大丈夫ですが、だいたいは処理がうまくできずに、感染することが多いです。
家族にノロウイルス感染者が出ると、家族全員がノロウイルスにかかってしまうのもこの感染が原因であることが多いです。

 

ウイルスが浮遊して感染

嘔吐物を処理したつもりが、ノロウイルスが残っており、乾燥して空気中に浮遊し、それを吸い込むことで感染します。
ノロウイルスはウイルスのため、すごく小さいです。ノロウイルスの大きさは30ナノメートルです。ちなみに1ナノメートルは1ミリメートルの100万分の1の大きさです。イメージできましたか?要するにとても小さいので容易に空気中に浮きます。

 



スポンサーリンク

感染予防対策

ノロウイルスの弱点は少ないです。
まず、加熱に関しては85℃~90℃以上で90秒の加熱で死滅します。他の食中毒の原因ウイルス・菌に比べて高温長時間です。
また、ノロウイルスにはアルコールがあまり効きません。多少はアルコールが効くという研究もありますが、基本的にノロウイルスにアルコールは効かないと覚えておきましょう。
人体以外の物は基本的に次亜塩素酸(ハイター)を使いましょう。酵素系のハイターはノロウイルスに効果がありません。

口から入らせないためには、疑わしきはすべて手洗い・消毒が基本です。これがすべてです。ウイルスのついた恐れのあるとこはすべてウイルスがいると思いましょう。ウイルスが目に見える人はそこを消毒しましょう。
では感染経路別に予防対策を考えていましょう。

 

「カキなどの二枚貝からの感染」への予防対策

上記のとおり、ノロウイルスは85℃~90℃で90秒以上の加熱で死滅します。
つまり、カキなどの二枚貝を食べる時には、加熱を十分に行うことで感染を防げます。
カキを生で食べる場合には自己責任で食べましょう。また、ノロウイルスは激しい嘔吐や下痢を伴うので、子どもや高齢者・妊婦などの免疫力が低い方はカキなどの二枚貝を生で食べることは避けた方が賢明です。
また、カキなどの二枚貝を生で調理した場合には、調理器具にノロウイルスが付着しているおそれがありますので、調理器具をしっかり洗うこと、又は、塩素系消毒液で消毒してから他の調理を行いましょう。

 

「感染した人の作った食べ物で感染」への予防対策

感染した人(感染のおそれがある人)は料理をやめましょう。これでここは大丈夫です。
・・・・いえ・・・感染した人でも料理を作らなくてはいけない状況もありますよね。それは仕方ありません。
しかし、調理師や人にご飯を提供する人は感染したおそれがあると思った時点で調理場に入ってはいけません。あくまで家庭での話ですのではき違えないで下さい。

 

それでは感染した人がどのように予防するかです。
手洗いです。ここでの感染予防は手洗いのみです。
感染した人から感染するのは、感染した人のノロウイルスが他の人の口から入ることのみです。
感染した人のノロウイルスは嘔吐物や排泄物にしか出ません。つまり、嘔吐物や排泄物を処理するときに使う手にノロウイルスがついています。ウイルスを食べ物につけなければ感染しません。
手洗いは以下のページを参考にして下さい。

 

「感染した人の嘔吐物から感染」への予防対策

何度も重要なのでくりかえしますが、ノロウイルスは嘔吐物と排泄物に出てきます。
そのため、嘔吐物の処理は大切です。
もし嘔吐した時の対応を確認していきます。

吐いたら、むやみやたらに動かない。
これは、吐いたときに覆った手。それにノロウイルスにたくさんついています。その状態で動くとドアノブや壁、蛇口、取っ手などなどさまざまなところにウイルスがくっつきます。焦らずに最小限の動きで手洗いや嘔吐物を処理する準備をしましょう。

嘔吐物の処理方法(別記事)

吐いたときに、どのくらいの高さで吐いたかでもウイルスの広がりがちがいます。
1mの高さで吐いたとすると吐いた場所から半径3mもの広さに嘔吐物が飛び散っています。場所にもよりますが、なるべく大きく消毒しましょう。

また、吐いたときには必ず着替えましょう。いかにきれいに消毒をおこなったとしても、服にウイルスが残っていたら意味がありません。欲を言えば、シャワーを浴びるのが一番いいですが、体調が悪いこともあるので、無理は禁物です。

「ウイルスが浮遊して感染」への予防対策

吐いた場所が乾燥するとそこからウイルスが浮遊します。先ほどの嘔吐物処理がしっかりできていればそれほどきにする必要はありませんが、嘔吐した際にはできる限り換気は必要です。嘔吐した時や嘔吐物の処理中等1時間に1度くらいで換気をするようにすることでウイルスを外へ追い出すことができます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。基本的にノロウイルスが口から入らない限りは感染しません。
そのためにも

・ 手洗い
・ 消毒
・ 嘔吐物の処理
の3つを徹底しましょう。

この3つさえできればノロウイルスは恐るるに足りません。
その他にも予防策があればお知らせします。



スポンサーリンク