雑記

左利きに朗報!両利き手対応型の使いやすいレードル、おたまを発見!

左効きの皆様お待たせしました。この世の中はなぜ、右利き用に作られているのか。
はさみも包丁もグローブもなぜ右利き中心なんだよ!!と憤った経験があるのは私だけではないはず。
なんでもかんでも右利きに矯正しようとする世の中を憎んだわれわれですが、ついに発見しました。左効きも使いやすいように作られた親切設計のレードルです。これで口が向こう側に付いていてイラッとすることもなくなります。

 

スポンサーリンク

左利きの方にもおすすめのレードル

先日東急ハンズにいったところ見つけました。この商品です。

購入したあとに気がついたのだが、なんとこの商品は2016年のグッドデザイン賞受賞作品で、その他にも二つほど賞を受賞しているレードルでした
たしか東急ハンズでも、和食、洋食、中華、家庭料理等どの料理にでも一本で対応できるように設計された万能のレードルと紹介されていました。
   re-doru-ue
この画像をみればすぐわかると思いますが、注ぎ口が両方に向かって付いています。そのため、右利きだろうが、左効きだろうが関係なく使うことが可能です。
また、ステンレス製ですので、においも付きにくく、色も付きにくいです。
(以前使っていたプラスチック性のお玉ですが、カレーに1日沈めているとなんということでしょう。なんだか黄色っぽく変色してしまいました。これには嫁一度がっくりしました。)

re-doru-setumei
製造会社も新潟県の一菱金属 株式会社というところで、安心の日本製です。1本1本人の手で制作しており、より安心感があります。

一菱レードルのいいところ

 

注ぎやすい!

とにかくそそぎやすいです。右利きでも左効きでも注ぎ口が両方側に付いているので、イラッと感がなく、使えます。しかも一般的なレードルよりも注ぎ口と取っ手の角度が鋭くないので、注ぐときに角度をきつくしなくても注げます。左利きの人には特におすすめのポイントです。なれない右利き用に作られたレードルより慣れた左でもいれやすいものを使うのを強く勧めます!
 re-doru-yoko

すくいやすい!

 

re-doru-sosogiguchi
画像をみてもらえればわかりますが、レードルの注ぎ口がゆるやかなカーブになっているので鍋底にもフィットしてすくい残しのないようにすくうことができます。いままで届かなかった隅の隅まで余すことなく、すくえます。・・・これで余すことなく太れます。

たれにくい!

レードルの底の部分が曲線的な形状をしているため、液体が垂れにくくなっています。実際に使ってみても、たれませんでした。まぁ使ったのはカレーなので多少どろっとしているのでたれにくかったのかもしれませんが。
追記(2016年12月14日):鍋に使ってみましたが、全然たれてきませんでした。豆腐もきれいに盛り付けられました。

汚れが付きにくい!

プラスチック製の製品だとスポンジやたわしで洗った際に、表面に傷がつき菌が繁殖しやすいですが、18-8ステンレス製なので傷つきにくく衛生的です。ただ、スポンジやたわしでごしごし洗うと傷つき菌繁殖の原因になるので注意が必要です。

また、お玉部分と取っ手部分が一体成形されているので、溶接部分などがなく、汚れが付きやすいです。スポンジなどで洗っているときに引っかかりがないので、すいすい洗えるのもいいところです。

保管しやすい!

re-doru-totte
保管するとき穴に引っかけるかたちで保管できるのが楽です。一般的なものはレの字の形状をしていることが多く意外と困りますが、丁度いい感じの穴なので、引っ掛ける等して保管しやすいです。立てに立てて保管することも可能です。

 

デメリットとしては

 

値段がちょっとお高め。

通常のレードルはせいぜい1,000円超えないくらいの値段でしたが、このレードルは割り増しの約2,000円です。
ここはいい物を買うために我慢しましょう。むしろ妥協して嫌な思いをすることを考えれば1,000円くらい安い物だと考えて下さい。お玉なんか一回買ったらずっと使うものですしね!

 

ステンレス製のため鍋が傷つく

使ってみておもったのですが、ステンレス製なので、テフロン加工されているティファールなどの鍋は乱暴に扱うと傷ついてしまいます。取り扱いの際は注意です。ただシリコン製は鍋ヘリに長時間つけていると変形しますが、ステンレス製は変形しません。

熱をとおしやすい つまり熱くなる

これも使ってみてきづいたのですが、ステンレス製なので鍋などにつけていると取っ手の温度が高温になりやすくやけどのリスクがあります。子どもなど小さいときには注意が必要かなと。

少し重い

これはほとんど気にならないとは思いますが、手で持ってみると少し重みがあります。使っていると疲れるという意味ではなく、洗った後に弊害があります。レードル自体に重みがあるので、菜箸、トングなどの調理器具を箸立てのようにたてに保管する場合に、レードルの重みで立てが倒れてしまいます。

 

まとめ

実際に使ってみないとわからないこともあるので、この記事を参考に購入を検討してもらえればと思います。
デメリットもたくさん書きましたが、購入して嫁共々満足しています
実際に使ってみないとわからない部分も書いてみたつもりですが、その他にも気づいたことがあれば紹介したいと思います。

クリスマスシーズンになるとシチューも増えますし、夏になればカレーも増えますので購入を検討してみてはいかがでしょうか。